標準レンズ
標準レンズとは何だろう。

一般的に言われるのは、50mm F1.4の単焦点レンズだ。
ところが僕はこのレンズを持っていない。

またこんな意見も目にする。
自分にとって一番使いやすいレンズが標準レンズなんだと。
そんな人がよく例に挙げるのが、30mm前後の少し広角寄りのレンズだ。

では僕にとってはどうだろうか。
確かにEOS 40Dがメインだった頃はEF24mm F2.4(換算約38.4mm)の
使用頻度が高かった。
しかし、それは荷物を軽くしたい参詣道歩きや、家族と出かけた際に広角寄りの
方が使い勝手が良いからであって、しっくりきている訳ではなかった。

そして最近、どうやら自分にとっての標準は80mm前後ではないかと考えるようになった。
その理由はこうだ。

キットレンズの次に買い足したのがEF50mm F1.8(換算約80mm)。
10,000を切る価格にチープな作り、遅いオートフォーカス、しかし写りは並みの
ズームでは到底敵わないと、ある意味でCanonユーザーには有名なレンズである。

一時期、本当に何から何までこのレンズで撮っていた。
換算では約80mmとなるため、最初は写りこむ範囲に随分と苦労したように思う。
だがキットレンズとは明らかに異なる描写が楽しくて、ともかく無理やり撮る内に
撮り慣れて、得手のいい画角となっていったようだ。

いま、メインがEOS 5DになってからはTAMRON 90mm Macroの出番が多い。
下のカクテルとパスタ写真もそうだし、ともかく気持ちよく撮影できる。
このレンズもまたチープな作りに、遅いオートフォーカスなのは偶然だとは思うが。。。

ズームレンズでもEF28-70mm F2.8L USMでは望遠側を、
EF70-200mm F4L IS USMでは広角側を中心に使うこともあり、
これまで納得できた写真はほぼその全てが80mm前後と言えそうだ。

その意味では僕にとっての標準レンズは今のところ、
TAMRON 90mm Macroなのだろう。
しかしこんな人は恐らく、いやきっと間違いなく少数派だろうな。
[PR]
# by scotchdesign | 2009-03-05 09:54 | 写真 ・ カメラ
週末は町石道清掃ウォーク
連日会社での泊まりが続いている。

デザイン関係はどこもこの時期に仕事が集中するもので、
覚悟はしていたが予想以上の忙しさだ。
状況は厳しいが、週末は町石道の清掃があるので体力的に無理もできない。

和歌山県世界遺産マスターに認定され、紀伊山地の霊場と参詣道の
保全活動に参加するようになって1年と少し。
昨年は何度か参詣道の案内をしただけで、マスターらしい活動ができなかった。
今年はなるべく色々な活動に参加したいと思っている。

この週末は丹生都比売神社から、中腹の矢立(60町石付近)まで約8Kmの予定だ。
ゴミ拾いや道の状態などを確認しながらとなると、
それなりに時間はかかるだろう。

天気が良ければ解散後に撮影もしたいものである。
[PR]
# by scotchdesign | 2009-03-05 03:20 | 高野山町石道
紀伊山地の霊場と参詣道の風景
子供の頃におもちゃみたいなカメラを触っただけで、
それまでデジカメも持っていなかった僕がデジタル一眼レフを
購入したのは06年のゴールデンウィーク前。

“紀伊山地の霊場と参詣道”を構成する天野の里と高野山に行く事になり、
ともかく綺麗に撮りたいと思ったからだった。

仕事柄カメラマンとの付き合いも多く、デジタルでは彼等の
多くが使っていたCanonのエントリー機を選んだ。

以来、熊野古道も歩いて撮ったし、高野山に吉野山や熊野三山も撮った。
そのまま世界遺産探訪=僕のカメラ暦となるのだが、どうも絵心がないのだろう。
いつまでたっても風景写真は上手くならない。

そこでこのブログでは構図の勉強も兼ねて、
トリミングや画像処理をせずに紀伊山地の霊場と参詣道の
ありのままの様子を載せられればと思う。

写真に魅力が無い?
そこは今後の努力目標という事で。。。

c0189398_218333.jpg
高野龍神スカイラインより望む紀伊山地
Canon EOS 40D/EF28-70mm F2.8L USM 70mm
ISO800・f9.0・1/40

[PR]
# by scotchdesign | 2009-03-04 02:53 | 紀伊山地の霊場と参詣道
BARメニューの撮影
昨夜は行き付けのショットバーでサイト用のメニュー撮影をお手伝いしてきた。
一人で行くことも多いし、テーブルスペースが広いので
仲間と話したい時にもよく利用するお店だ。

ひょんな事からお手伝いをするようになって随分と経つが、
最近は少しずつ納得できる写真が撮れてきたように思う。

今回パスタは味見をさせてもらい、カクテルはパス。
夜遅かったので車で行ったのが残念だった。

c0189398_1211134.jpg
c0189398_1214354.jpg
[PR]
# by scotchdesign | 2009-03-02 01:39 | バー ・ お酒
Around the Kii Mountain Range
いまさらながらブログを始めてみようと思う。

きっかけは携帯をdocomoのSH-04Aに変えたから。
これがなかなか便利で、このフルブラウザとQWERTYキーがあれば
時間が無くても更新できそうな気がする。

扱うのは主に写真やカメラとデザイン。
そして世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の周辺とお酒のことにするつもりだ。

そこにコミュニケーションが生まれるように。
そんなブログにしていきたい。

c0189398_51918100.jpg
[PR]
# by Scotchdesign | 2009-03-01 05:23 | その他



現在27才。和歌山県世界遺産マスターmikanagiの写真とデザイン、紀伊山地の霊場と参詣道。そしてお酒のこと。Scotch designはとあるプロジェクト名。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お気に入り & おすすめ

神々の杜

熊野三山他、全国の神域をテーマにした石橋 睦美氏の写真集。僕の目標の一つ。


歴史原風景

伝説と歴史の地を辿る石橋 睦美氏の最新写真集。


世界遺産 日本の原郷 熊野古道

熊野をテーマにした写真集を多数手がける山本 卓蔵氏。この本には紀伊山地の景観が凝縮されている。


熊野古道を歩く旅

大阪府下の紀伊路はこの本を頼りに散策している。


高野山を歩く旅

高野山町石道、七口、女人道と高野の歴史を辿る道。


熊野古道 みちくさひとりある記 ほか

先輩の世界遺産マスター、細谷 昌子氏の著作。


明日なき森 カメムシ先生が熊野で語る

熊野の植生と虫のこと。目からウロコの内容だ。


紀ノ国屋本左衛門

方言や名物、和歌山の全てが面白おかしく分かる本。東京アートディレクターズクラブ(ADC)賞受賞。


f.64 カメラバッグ sunbrela ベージュ

日帰り旅行ならカメラから手帳まで全てが収まるジャストサイズ。


f.64 カメラバッグ

デザインとA4書類が入るなど機能性を両立したmikanagiおすすめのカメラバッグ。クッション入りのサイドバッグは着脱可能。


Canon EF20mm F2.8 USM

開放時の派手な周辺減光が個性的な広角レンズ。ズームレンズにはないシャープ感は秀逸。


TAMRON SP AF90 F2.8 Di MACRO 1:1 Canon 272EN

マクロとしてはもちろん、人物や食品にも使える中望遠レンズ。


Canon EF70-200mm F4L IS USM

高価だが、このレンズに任せておけば間違いないと信頼できる一本。


HAKUBA レンズペン

古道でもかさばらず、小さなブロアーとこれがあればレンズの応急清掃が可能。


HAKUBA レフ板プロ 32インチ KRF-P32SW

ポートレートや小物の他、1枚で撮影の幅が広がる反射板。


Canon RS-80N3 リモートスイッチ

風景、夜景、商品といった三脚撮影にはかかせないリモコンスイッチ。
その他のジャンル
ブログパーツ
  • イメージ管理
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧